しろネコさんと暮らしたい

家づくりの記録。白壁、薪ストーブ、無垢の床、書棚、グリーン、そして...

ふすま紙を選ぶ。

f:id:kiokiokio:20171019125438j:image

約4.5畳の畳スペースに約1.5畳の押入れを付けることとなっている和室です。

設計士さんから、吊り押入れのススメがありましたが(潔く;)押入れ部分は全て収納にしてもらいました。外部とリビング側に障子窓が着く予定です。

外部の窓には片面組子障子に一般的な障子紙を採用しました。

リビング側は両面組子障子に、和紙に似せた樹脂板を入れてもらうことになりました。

どちらも樹脂板にした方が張替え作業がなく楽だし、素材の違いからの違和感や経年の色味の変化なども無く無難でしたが、窓側の障子は紙を選びました。

実は障子の張替えが好きな私のこだわりです。娘が穴を開けるのも楽しみだわ(笑)

そして、娘と一緒に桜に切り抜いた障子紙で穴を塞いだいなって妄想しています。

 

四角く作る和室なんですが仕様は壁や天井や畳、腰壁などは決まり、今は押入れ部のふすま紙を選んでいるところです。

頂いたサンプルはシンプルで淡い色味が多くどれも素敵です。

モダンになりすぎないように、素朴で枯れ草色で!と選んでいます。

色味は写真の感じがいいかなって。

和紙にするか織にするか、機能面で選ぶか悩みます。

f:id:kiokiokio:20171019133428j:image

桜色もいい感じかな?写真に撮ったらやや白すぎるかな。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村